経営理念:カラーズは人とコンパニオン・アニマルがよきパートナーとして幸せで楽しく暮らせる社会を創造することを目的とします。

行動指針

私たちは以下の行動指針に基づいて、事業を行います。


1.顧客視点

「顧客の立場で考える、感じる。」全ての出発点をここに置き、自分たちの活動内容、その優先順位を決定します。そのために、五感を使って顧客の声に耳を傾け、心をひらき、顧客を理解する努力を怠りません。


2.Do the harder right thing.

目の前の状況がどんなに困難であったとしても、正しいことを行います。慣習や惰性、既成概念に流されたり、 できない理由を考えたりするのではなく、本当のあるべき姿は何か、どうしたら困難を乗り越えられるかを考え、常に正しいことを実行し続けます。


3.品質への誇り

顧客に届ける全てのモノ・サービスの品質に妥協を許しません。顧客に品質に満足いただくこと、信頼いただくこと、安心いただくこと、それが私たちの誇りです。顧客とは、社外のお客様のみに限らず、社内における他部署、チームメンバーを含めたカスタマーをさします。


4.尊敬の念

共に働く仲間、お客様、お取引先様、地域社会、自然環境など、我々を取り巻くすべてのものに対して、常に敬意を払い、謙虚な気持ちで接します。
敬意を払うとは、その存在価値を認め感謝すること、多様性を受け入れること、相手の立場を理解し考慮することを意味します。


5.誠実さ

業務の遂行、お客様・お取引先様への対応において、「真心」と「公の心」を持って臨みます。「真心」とは自らの持てるすべてをそのことにかける気持ちであり、「公の心」とは私利私欲を交えることなく、組織のビジョンを優先させる気持 ちです。
この二つの心を実践することが誠実さです。


6.プロフェッショナル

各人が受け持つ業務において、常に一流のプロフェッショナルであることを目指します。言い訳をしたり、言い訳を考えたりすることを許さず、また、他人や他部署のせいなどにせず、プロである自覚と誇りを持ち、常に自らの技術と人間性を高めていきます。


7.オーナーシップ

会社の問題はすべて自分の問題として捉え、常に自分自身が問題解決の当事者であるという「当事者意識」を持ち、自分の仕事の領域にこだわることなく、自発的に達成・挑戦意欲、そして責任を持って行動します。また、会社の有形無形の財産を自分のものであるかのように大切に扱います。


8.責任完遂と自主性

自らの仕事の最終結果まで責任を持ち、アウトプットの質を極めます。また、たとえ目の前に障害があったとしても、自らの任務の最終目標を見失わず、最後までやり遂げます。
そして、完璧な状態など存在しないと認識し、プラスαを生み出すために自主的に行動します。


9.ベンチャー・スピリット

現状に満足することなく、積極的に新しいことにチャレンジし続けます。また、今できることを意味もなく先延ばしにすることは決してしません。たとえ失敗しても行動することに価値があると考え、社会貢献とビジネスを両立させるために、新しいものを創造できる企業・組織であり続けます。


10.ホリスティックに生きる

「ホリスティック」や「ホリスティックライフ」の真義を理解、実践し、世の中に対する価値提案として積極的に発信していきます。